O脚なんて嫌

脚の形って気になりますよね。O脚って、やっぱり嫌。

まずはじめにO脚はどのようなものなのかな。

人間の身体というのは、便利というか不便というか、毎日の生活の中で少しずつ変化しています。それは残念ながら悪くなっていくことの方が多いんだけどね。

日ごろの姿勢や、スポーツなどをやっている人はその影響で、生まれたときよりも脚の形って大分変わってきています。そのままにしておくのはあまりよいことではありません。

これは誰にでもあること。だから特に気にしない。治療もしない。
・・・と思っている人がいたら大きな間違いですよ。

脚の形や向きは外見にも健康状態にも大きく影響します。
ほんっとに大きな影響があるんです。


脚の形や向きの中で最も多く日本人が悩んでいるとされているのがO脚

どういうじょうたいかというと、
O脚は、直立して両足の内側のくるぶしをくっつけて外側に10度ほど開き、ひざの左右の内側部分が接しない状態を言います。

脚をくっつけているにもかかわらず膝頭が外に広く開き、腰から足までの間が0の形になっている状態です。

形がOに見えるのでO脚と名づけられたんですって。

実は90%の日本人がこのO脚に該当しているそうです。

モデルさんのような人でなければ足がスラッとまっすぐに伸びている成人はほとんど存在しないと聞くと、そうだろうなと思えるし、もちろん大小の程度はあるけれど、割合的にもそんな気がしますよね。
だから、多少のO脚の場合、特に気にすることもなく治療の必要もない。
・・・とゆうのは間違いだって、さっき書いたでしょ。

でも、反対にO脚の治療方法を知りたいとゆう人もたくさんいます。
そっちのほうが正しい考え方。


気にする人、気にしない人、それぞれいるでしょうけど、怖さはしっておいたほうがいいですよ。

改善する方法もね。

しばらくO脚について書いていこうと思っています。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
>> O脚をシャキッと真っ直ぐにする方法を知りたくありませんか?

 

前の記事:O脚ストレッチ
次の記事:O脚が原因の腰痛
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。