いつからO脚になるのか?

O脚になってしまうのは、いつでしょう?不思議に思いませんか?実は、成長とともにO脚になる過程があるようですよ。

O脚はもともと病気や不自然な形ではないのだそうです。
実はですね。人間は生まれたときにはO脚なのです。

どういうことかというと、胎内では脚の外側から先に発達していくからという説と、胎内の形に沿って成長するからという説がありますが、はじめはみんなO脚なのです。

ところが2歳ごろに一度変化して、X脚つまり内股になるようです。例外もありまして、早く歩かせようとして外側ばかり鍛えているとO脚が続くようですが。

気をつけてみていると分かりますよ。保育園、幼稚園児の頃には内股の子が多いんです。それは特別変なことではなくごく自然なことなのですね。

そして、小学生になる頃にはだんだんと正常な形、つまりまっすぐな脚になっていきます。

ただしここでも例外がありまして、この幼少期の頃の躾や生活習慣によってO型のままとゆう子供もいます。

O脚の原因は骨の柔らかい幼少期にあるのです。
特に重要なのが座り方で、ぺちゃんこ座りや横座りなどといった座り方はO脚になる最大の要因になります。

逆に言うと、最も効果的な治し方は幼少期の親の躾にあります。これを実行できればそれ以上の治し方はないでしょう。

O脚の主な原因は「内股歩き」「横座り」「ぺちゃんこ座り」「片足立ち」「猫背」といったものです。

体重のかけ方のバランスが悪いのが一番危ないのです。

だから、ハイヒールのように体重のかかり方が異常な履物や過度な運動をするのはよくないってことです。
これらのことを子供に押し付けてはいけません。親は日ごろから細心の注意と心構えをして子供と接しましょう。

さて、おさらいです。子供がO脚になる一番の原因は親の躾。・・・とゆうことで親の責任は重大ですよ。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
>> O脚をシャキッと真っ直ぐにする方法を知りたくありませんか?

 

前の記事:ダイエットの敵、O脚
次の記事:一般的なO脚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。