一般的なO脚

典型的なO脚について説明します。

O脚には大きく分けて3つのタイプがあります。

それぞれ異なった形状、異なった治療法があるので自分はどのタイプに当てはまるのかしっかりと見極めなくてはなりません。

・一般的なO脚
・X脚タイプのO脚
・複雑型のO脚



まず、はじめに一番ポピュラーな「一般的なO脚」です。

くるぶしを合わせて、両膝、ふくろはぎが共に隙間ができてしまう状態を「O脚」といいます。
正面から見たときに、脚が「0」の形になっているのですぐわかります。

この「O脚」なりやすい人は、痩せてる人が多いといわれています。
筋肉が付くべき場所に付かずに普段の座り方や姿勢で大きな影響がでると「O脚」になりやすいみたいですね。

また、身長に対して骨盤の横幅が広い人もこうなりやすいみたいです。
腰が横に広いと、自然と外に力が加わって結果、内側があまり鍛えられなくて歪みな形になってしまいます。

内くるぶしがあまりにでっぱっていて、くるぶし同士を合わせる習慣がない人もO脚になりやすいといわれています。

こうゆうタイプのO脚は治療法もシンプルです。

脚全体を内側に近づけるよう矯正すると脚の形が大きく変わってきます。
脚全体が矯正されるので一部分に大きな負荷がかかることもなく、割と治し方が率直なので治った脚の形がきれいなことが多いようです。

無論、治療次第では矯正後の形も大きく変わってくるので、できればマッサージ治療院などにお世話になったほうがいいでしょう。

上手に治すことができれば、美脚と言われることもあり得るのがこのタイプの特徴なのかもしれません。

体型によってもこのタイプのO脚になりやすいのですね。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
>> O脚をシャキッと真っ直ぐにする方法を知りたくありませんか?

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。