O脚は見た目以上に怖い


O脚は、見た目の問題以上に身体に与える悪影響が心配です。


O脚の治療法が特別需要があるのは見た目を気にしてのことです。

しかし、見た目に関してはカモフラージュすることも可能です。例えば、女性ならばロングスカートを履けば脚が隠れるので形が見えることはないですよね。多少の空しさはあるけど解決できる問題です。

ですが、身体への影響、又は症状の併発などを考えると、O脚が原因の悪影響がたくさん存在しているのです。

まず、一番多いのが膝の変形です。

膝は人間の体重の3倍の負荷がかかるそうです。
スポーツ選手の多くが膝を痛めたり、水が溜まったりしますよね、それはそこに一番負荷がかかるからです。

これは日常生活をしていてもよく感じることではないでしょうか。重たいものを持ったとき、たまに走ったりしたときなど膝に痛みが走ることがありますよね。それは膝が悲鳴をあげているのです。


更に、O脚の場合はその膝への負担が内側に集中してしまうために膝は変形し、脚を痛める原因になってしまうのです。

又、姿勢が悪くなる原因にもなり、その結果、体全体に悪影響を及ぼしてしまいます。

膝は腰と同じで体を支える大事なパーツなのです。

膝を悪くした人が治療法の一つとしてO脚の矯正を行うこともあるようです。
O脚の治療法がそのまま膝の治療法になるとゆうことは、それくらいO脚が体に与える影響が大きいとゆうことです。

こうなるともはや外見どうこうの問題ではないのです。


 

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
>> O脚をシャキッと真っ直ぐにする方法を知りたくありませんか?

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。