冷え性の原因がO脚のこともある

O脚による悪影響は、いろいろありますが、単に外見の見苦しさや脂肪の増加といった事ばかりではありませんよ。
O脚は、苦痛を伴う病気などを呼び込んでしまう要因となる場合も数多くあることは見逃せません。

まず、O脚になる事で、股関節、膝関節などの関節が痛みます。
だって過度の負荷が掛かりますからね。

負荷がかかる。関節が痛む。それだけではありません。
股関節、膝関節にはそれぞれとても重要なリンパ節が存在しており、この二つのリンパ節が、O脚による負荷によって正常な働きをしなくなり、リンパ節の流れが停滞してしまう恐れがあるのです。

さらに、その結果どうなるのかというと、むくみが生じる事になります。

そして、むくみが生じる事で、脚が冷えやすく温めにくくなり、特に冬場は中々温度を上げることができなくなってしまいます。

そうです。
冷え性です。
それも極端なくらいの冷え性になってしまう可能性が高いのです。

冷え性になったことがある方は十分ご存知ですが、たかが冷え性などとあなどることは決してできませんよね。


冷え性になると、ほんとうに、冬場はかなり大変です。
どれだけ毛布を着ても温まらなくなり、酷い人になると眠る事ができないくらい辛い思いをします。
普段もかなり厚着をしておかなくてはならず、ファッションを気にすることもできなくなるんです。「きれいになりたい」どころじゃないですね。



冷え性の治し方は色々ありますが、それらを実行したとしても、O脚から来る冷え性を改善するのは困難です。何故なら、リンパ節が機能停止している状態では、冷え性の原因を断ち切る事ができないからです。

O脚が原因でなった冷え性の治し方は一つ。
O脚を治す、という事です。

つまり、O脚の治し方がそのまま冷え性の治し方に当てはまる事になります。
冷え性はとても辛いので、必ずO脚を矯正し、改善を図りましょう。

冷え性になる前にO脚を治したほうが良いのはもちろんです。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
>> O脚をシャキッと真っ直ぐにする方法を知りたくありませんか?

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。