O脚が原因の腰痛

O脚が影響してくるのは、脚周りだけではありません。

脚の形が歪なのだから、おかしくなるのは膝や足、太もも、ふくらはぎ辺りだけでしょ? と思う人もいるでしょうが、実はそうではないのです。
O脚は、様々な体調悪化や病気、別の箇所の状態悪化につながるのです。


脚以外でO脚の影響を最も強く受けるのが、腰です。

腰は身体の要(かなめ)といわれるように、人間の身体の土台であり、中心でもあります。
この腰が不調になると、身体全体が不調になってしまうように人間はできているのです。
腰はあらゆる動作の基本となる部分であると同時に身体の重要な器官の多くを司っている箇所でもあります。

生活の中で人間が動く際、あらゆる動作はこの腰が基準となるのです。

そして様々なスポーツでも、腰の重要性は説かれています。
野球のピッチャーのピッチング、バッターのバッティング、サッカーのドリブル、キック、バスケットのディフェンスなどなど。腰を鍛えておかないと話にならない、と言われるシーンはいくらでもあります。

O脚が悪化した状態を放置しておくと、大切な腰に大きな負荷が掛かります。
そして、結果的に腰痛を発生させてしまうのです。

O脚になると、骨格がゆるみ、重心のバランスが崩れたり、筋緊張が増大したりして、腰への負担となり、それが腰痛の原因となってしまうのです。

よって、O脚が原因で腰を痛めてしまうと、たとえマッサージなどで一時的に回復したとしても、直ぐにまた腰痛に悩まされる事になるのです。腰痛を普通に治し方だけでは、改善されません。根本的な原因、つまりO脚を治さない限り腰痛は治らないのです。

O脚の治し方をしっかり知っておけば、自ずとそれが原因で発生する腰痛の治し方に繋がってきます。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
>> O脚をシャキッと真っ直ぐにする方法を知りたくありませんか?

 

前の記事:O脚なんて嫌
次の記事:ダイエットの敵、O脚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。