関節痛の原因となるO脚

O脚による体調悪化の中でも特に顕著なのが、関節痛です。
O脚は、単に外見上の問題ではなく、体調にまで大きく影響してくるのです。
腰痛と重なるところがありますが、この関節痛の怖いところは、痛みの部位が腰を含んだ脚回りに留まらずに、首や肩、背中といった上半身にまで関節痛が起こってしまうということです。

O脚になると、膝関節などが悲鳴をあげる事は容易に想像できるでしょう。

O脚は、実際に変形している状態ですから、通常とは違う負荷がかかり、そこが痛むというのは、自然な事です。

問題は、ここからです。

自分の身体に置き換えて想像してみてください。どこかが痛むと、人間の動作や姿勢は不安定になります。痛みを無意識にかばうからです。

不安定な動作や姿勢は、本来の動作や姿勢を損ない、負担は知らない間に他の箇所にも及びます。

右足を怪我したスポーツ選手が、その右足をかばって動いた為左足を負傷した、などというニュースを聞いた事はないですか?

ああいったことが、日常生活の中でも起こるのです。それはあなたにも起こります。
身体全体のバランスの崩れ、負荷の掛かりやすい各関節部に炎症、腫れなどが発生。そして骨がずれたりして、痛みが発生してしまうのです。

O脚による悪影響の中で、この関節痛が一番厄介かもしれません。
脚とは直接関係ない上半身に生じる痛みの原因が、O脚にあると気づく人はいないからです。
どうも痛む。マッサージでもするか。といった治し方を実行するのが通常でしょう。しかし、その治療は決して有効ではなく、いつまでも治らない、という事になるのです。

関節痛が起きたら、たとえそれが上半身であろうと、まず身体全体をイメージして、どこがバランスを崩しているのか、といったことを考える必要があります。
O脚が大きな要素の一つかもしれないという疑いを持ち、O脚の治し方をちゃんと調べることができれば、痛みを軽減できるはずです。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
>> O脚をシャキッと真っ直ぐにする方法を知りたくありませんか?

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。