O脚ストレッチ

O脚はストレッチすることである程度矯正できます。O脚だとしたら、治し方を知りたいと思うのは当然ですよね。
日常生活の中でストレッチを意識するだけでもO脚を矯正する方法名づけて、「O脚ストレッチ」があるので説明していきます。

一般的にO脚で悩んだことのない人はO脚の治し方、改善の仕方について無知であっても当然です。
というのもO脚の治し方なんて教わるようなことではないし自覚しないことにはそれを知る機会もないからです。

そういう方は知らず知らずのうちにきちんと脚をストレッチしているからかもしれません。あるいはそんなことは考えたこともなかったという方もひょっとしたらO脚予備軍かもしれませんから、この機会にストレッチについて知っておきましょう。

O脚がはっきりと外見でわかるような状態、そしてO脚による弊害や悪影響が実際に体に起こっていることを自覚するくらい悪化してから慌てても仕方ないからです。

そもそもO脚は日常生活の中に原因と予防や治療法が潜んでいるのです。

一部の例外を除くとO脚は日常生活の中で起こってしまった症状なので日常生活で矯正するのが自然なのです。O脚の直し方は案外と簡単です。O脚の原因となる動作の逆をやればよいのです。それがここで言うO脚ストレッチです。


例えば、立ったり、座ったりといった日常生活で何回も繰り返されるアクションの中にもO脚を防いだり矯正できる立ち方や座り方があります。

体を起こして立つ時にいつもどうやって立っていますか?
その立ち方によってO脚の原因になったり、逆に矯正されたりするのです。普段使っていない側の筋肉を意識してストレッチする。まっすぐ立つときに足先を揃えて立つということだけでも矯正・予防になります。

そうは言っても最初は難しいかもしれません。それなら、足先を少し広げて立つようにしてみましょう。その状態で自分の脚にかかっている負担や筋肉の伸び具合に注意を向けてみてください。意識をすることがストレッチの第一歩です。


先を少し広げて立つことを習慣にするだけで大分変化がでてきます。
逆に、足先を広げすぎるとO脚の原因になってしまうので注意しましょう。
たかが立つというこの動作だけでもO脚の改善につながるということを自覚し、毎日を過ごすことをお勧めします。

簡単なことなのです。O脚を意識してストレッチしてみる。体操やエクササイズののときに、きちんと曲げ伸ばししてみる。そういうことを習慣づけると良いです。手術をしなくても美脚は手に入ります。

O脚ストレッチとは、自分がO脚であることを意識したり、あるいはO脚になりたくないと考えながら、縮こまっている側(主に脚の内側)を
意識してストレッチすることです。

また靴やサンダル、ブーツなどが足に合わずに、膝が痛くなったり、O脚の原因になったりすることもあるようです。注意しましょう。



いつもやっている立ち方をちょっと意識するだけで大分変わってくることでしょう。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
>> O脚をシャキッと真っ直ぐにする方法を知りたくありませんか?

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。