0脚を治す座り方

ここでは日常的な座り方についてよい例、悪い例をあげて説明していきます。

日常生活でのO脚の治し方で、最も重要なのが座り方です。
なぜなら、O脚の原因のほとんどがこの座るとゆう動作や姿勢にあるからです。
座り方は小さい頃に身につけてしまったものがそのまま老後まで習慣として残ってしまいます。
よって、もし小さい頃に悪い姿勢の座り方を覚えてしまったらずっと体に良くない座り方を続けてしまうのです。
O脚に悩んでいる人の大半はこれが最大の原因なのです。

ではどういった座り方がO脚の原因になってしまうのでしょうか?
まず、床に座るときに原則として長時間座ることはよくありません。
座るとゆうこと自体にO脚の原因が潜んでいるからです。
人間はどうしても座るときにリラックス状態を求めてしまいます。
はじめからきっちりした姿勢で座る人は少ないでしょう。
したがって、崩した状態で長時間座る人が多くなるのは仕方ないのですが、それはO脚の原因になってしまいます。
また、最もO脚の原因となってしまう座り方は左右どちらかに脚を曲げて座る横座りと両足の間にお尻がくるぺちゃんこ座りで、両方とも女性がよくやる座り方です。
これらはとっても姿勢を悪くして骨盤のバランスを悪化させてしまう座り方です。

逆に、O脚の矯正として成立する座り方はどうゆう座り方なのでしょうか。
いい座り方は一箇所に体重がかからなくて負荷が分散する座り方です。
例えば、両足をまっすぐ伸ばして、お尻の後ろに手をつく座り方はとても重心のバランスがいい座り方です。
これはよくヨガなどでも用いられています。
基本的に臀部を真ん中におくとゆうことを意識して座ることが大切です。
ただ、この座り方ではリラックスはしにくいと思いますが・・・
O脚を矯正していると割り切って座るしかないですね。
楽チンな状態ではなかなかO脚は治らないとゆうことです。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
>> O脚をシャキッと真っ直ぐにする方法を知りたくありませんか?
タグ:0脚 座り方

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。