O脚を椅子に座って治す

今回は椅子に座った状態でのいい例、悪い例を紹介します。

座るとゆう動作でも床に座るのと椅子に座るのとでは姿勢が全然違います。
ただし、重要視するところは変わりません。
いかに重心を整えてバランスのよい座り方をするか、一箇所に負荷が集中しないようにし分散させるか。
これを意識するとO脚の治し方となるような座り方が浮かんでくると思います。

まず、絶対にしてはいけない椅子での座り方を紹介しましょう。
脚を開いて、足首を交差させる座り方や膝をつけて足先を開いたり椅子の脚に絡ませたりする座り方です。
両方とも見事にO脚になる原因となります。
特に、脚を組んだ状態で椅子に座ると骨盤が歪み、O脚の原因、悪化に繋がってしまいます。

一方、O脚を治すような座り方は、椅子選びから始まります。
最もいい椅子とは、高さが重要で足首の角度を90度に保つことのできるものです。
その椅子に両足、両膝を揃えて座るのが一番いいです。
もしもその体勢で疲れたら足、膝を等間隔で少し開くといいでしょう。
もちろん背筋はしっかり伸ばしてください。

O脚の治し方としてはこのような座り方を習慣にするのが最もいい方法かもしれません。
大変だとは思いますがO脚の矯正に特効薬はないのです。
日々の生活の中でちゃんと矯正していくには少々きつくても正しい姿勢をキープすることが一番なのです。
慣れてしまうとそんなに苦にはならないので最初は慣れることから始めてみましょう。
もっとも慣れるのが一番大変なのですが・・・
それを乗り越えれば道は開けます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
>> O脚をシャキッと真っ直ぐにする方法を知りたくありませんか?

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。