日常生活でのO脚治療法 歩き方編

今回は日々の生活の中でかかせない歩くとゆう動作について説明します。

誰もが日常生活の中で毎日絶対に行う「歩く」動作もO脚の原因ともなり同時に治し方ともなります。
歩くとゆう動作は日ごろ意識することはあまりありませんが脚への負担がかなり大きく発生します。
したがって、歩く姿勢や歩き方によって脚に大きな影響がでてくるのです。

まず、O脚の治し方として正しい歩き方を説明します。
正しい歩き方とは、つま先を正面に向けて足はかかとから下ろします。
足を持ち上げるときは親指に少し力を入れて地面を蹴ります。
足を上げるときもまっすぐに正面へ向けてあげるようにします。
歩幅はあまり開けずに下ろす足はいつも直線上になるようにします。

とこれが正しい姿勢での歩き方ですが、まるで軍隊の訓練のようですね。
実際には普段からこんなふうに意識して歩く人はほとんどいないでしょう。
ただ、O脚の治療法としてリハビリと思って歩行する場合はこのような歩き方を意識して日常の歩行を行う必要があります。

では逆によくない歩き方を説明しましょう。
まず、やってはいけないことは、つま先を外側に向けて歩くとゆうことです。
これをやると足首がねじれて股関節や膝関節の歪みに影響を及ぼします。
また、モデルのように歩くのも厳禁です。

モデルといえば、体形を一番に気にする職業なので、あのような歩き方がいいのだと考える人もいるようですが、あの歩き方はあくまでも身に着けている商品を魅せるための歩き方なので、実際に行うと太もも同士がすれてしまい、ももが内側を向いてしまいます。そして膝も内側を向いてしまうのです。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
>> O脚をシャキッと真っ直ぐにする方法を知りたくありませんか?

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。